実は女性も多い?期間工で女性も安心して働ける理由

基本的に難しい作業は少ない

工場での仕事や期間工などは一般的に男性的なイメージが強いです。故に、女性がその中で働くことに対する不安が大きくなってしまうのは仕方ありません。結論から言うと、期間工は女性でも全く問題無く働けます。基本的に難しい作業は少ないですし、女性に合った仕事をすることになるからです。例えば重い物を頻繁に持つような場所にわざわざ女性を配置することはありませんし、検品や梱包などを担当することになります。特に検品は女性に向いている仕事です。仕事内容に関しては会社によって異なるので一概には言えませんが、男性と全く同じ仕事をするとは限らないです。

期間工はその名の通り期間限定の人材なので、どこかのタイミングで会社を去ることになります。そのような人材に高難易度な仕事を教えてもあまり意味がないですし、ミスをして会社が損害を被る可能性も高くなります。期間工は誰にでもできるような仕事を繰り返して、工場の量産体制を支えるという認識で問題ありません。登用制度もありますが、期間工は大量に募集するので正社員になれる確率は低いです。工場内は大きな音がしたり、聞きなれない機械音がして最初は戸惑うかもしれませんが、勤務をする内に慣れてきます。

条件や環境を確認したい

期間工はどちらかと言うと最初から女性が働ける環境が整っていた訳ではなく、時代の流れと共に整ってきたという表現が好ましいです。男女雇用機会均等法や、人材不足によって女性の力も必要になってきたなど様々な理由があります。基本的にはどの会社の期間工でも働ける可能性は高いですが、快適な環境か否かという部分は分かれます。例えば女性もずっと立ちっぱなしで仕事をする現場もあれば、座って仕事ができる現場もあります。女性は男性に比べてどうしても筋肉が弱いので、場合によっては仕事の継続が難しくなるかもしれません。普段から運動をするなど体力に自信があれば良いですが、そうではなく不安が残る場合は職場の環境をチェックしておくことが大切です。

期間工は日勤と夜勤を繰り返すことになるので、寮に住みながら働きます。男性であればプライベートさえ確保できれば良いという考えの方も多いですが、女性の場合は防犯面も含めて様々なことが気になってしまいます。女性と男性でフロアが分かれていたり、清潔感のある部屋か否かという部分は事前にチェックしておきたいものです。毎日多くの時間を過ごす部屋でストレスが溜まってしまうと、仕事のパフォーマンスにも影響するので軽視はできません。