家賃や光熱費をサポートしてくれる寮生活

期間工は寮に申し込めるのが一般的

期間工の待遇として着目しておくと良いのが住居に関する支援です。福利厚生として住宅手当を出している企業も多いですが、期間工の場合には寮を利用できるようになっている傾向があります。労働時間が比較的長めで体力も求められることや、時間的にも夕方以降や早朝の勤務になる現場もあるのが理由です。また、工場が郊外にあってあまり周辺に住宅がなかったり、都市部からのアクセスが悪かったりするので近くに寮を設けていることもあります。少し離れたところのマンションを借り上げてシャトルバスを運行しているケースもあり、形は様々ですが寮を使える可能性が高いことは念頭に置いておきましょう。

寮生活では家賃や水道光熱費の一部を補助してくれる仕組みになっているのが一般的です。家賃はかなり安くなっていて、一人暮らしなら二千円くらいで済んでしまうことすらあります。水道光熱費については補助がない場合もありますが、逆に全額負担してくれるところもあるのが実態です。この他にも生活に必要になるインターネット回線が最初から配備されていて自由に無料で使えるなどの手厚い待遇が整っている寮もあるので、期間工の仕事を探すときには気にかけておくのが大切です。

生活を楽しめる基盤がある場合も多い

寮生活はどんなものになるのかイメージできないという人もいるでしょう。期間工の寮は千差万別なのでどのような寮なのかを確認してから求人に応募することが大切です。情報があまり開示されていないことも多いので、心配な場合には応募後に面接で聞いてみると良いでしょう。本当にきちんと整えられている寮の場合には生活を楽しめる基盤が揃っていて、ジムやプールなどを自由に利用できるように併設していることすらあります。売店や食堂なども準備されていて、寮の中で一通りの生活ができる仕組みになっている魅力的なところも多いのは確かです。

ただ、逆に借り上げ寮になっていて特に部屋以外には借りられるものはない場合もあります。シャワーやトイレが共同となっている寮もないわけではないので気をつけましょう。ただ、設備が整っているほど家賃が高くなる傾向があるのは確かなので、住居費をとにかく安くしてお金を貯めたいという場合にはこのような最低限の設備の寮を選ぶのも良い方法です。生活に対する価値観や収入への要求をどのようにして持つかによってどんな寮設備があると良いかは異なるため、自分なりにどういう寮に住みたいかをよく考えて選ぶようにしましょう。